海野宿をたずねて



Welcome to "Unno-jyuku" traditional post town


honjin

タイムワープして 海野宿本陣へ

(信州 北国街道 海野宿 <東御市・旧東部町>)



静かなたたずまい歴史のふるさとへようこそ!

ここは江戸時代(寛永2年ー1625年)信濃の国・北国街道である。

金山の佐渡へ、北陸諸大名の参勤交代の道、善光寺への参詣の道。

豪族海野氏の城下町、交通の要衝、商業の中心地であった。

明治時代になり、「宿場町から養蚕の町へ」と変遷して行った。

この宿場は、時の流れをとめ、いま、静かに眠っている。



< 目 次 >

このような家並みが日本にはあったのです「海野宿の家並み」

美しい生活の中の美をご鑑賞下さい「和風伝統と生活」

「信濃の四季」動画ページへジャンプ (動画・最新画像)

海野宿に誕生「志野 創作人形展示館」へジャンプ


「海野宿の家並み」

 
海野宿中心部。全長約650米。

日本の道百選等の標識がたつ
海野宿本陣。左下に流れる用水堰「表の川」。

現存するのは実に珍しい。
御蔵小路の美。本陣近く。
小路2(まつや横)
旅篭屋づくりの「海野宿資料館」

2階は「出桁づくり」で、海野格子が見える。
海野宿全景(海野宿資料館にて)。

まずは、「海野宿資料館」への立寄りを

おすすめしたい。(入り口から約百米、右側)




この「海野宿をたずねて」は

「信州東部町観光」資料を参考に作成させていただきました。

海野宿歴史民族資料館(〒389ー05 長野県小県郡等東御市本海野  0268-64-1000 )




ホームページへもどる (Back to Homepage)


みすずかる信濃 (Misuzukaru-Shinano) へ ジャンプ




Please mail to : s-myst@po.sphere.ne.jp メールをどうぞ!

Made by : Misuzukaru-Shinano (Oct.1998)